【自己PR】諦めの悪い男

【自己PR】諦めの悪い男

【自己PR】諦めの悪い男

 

私の性格を一言で例えるなら『諦めが悪い』です。良い言い方をすると『自分を信じ抜く』です。私は成功するまで諦めません。

 

それは子供の頃からの話です。中学の頃、運動部に入部しましたが、初心者でした。周りは小学校からスポーツ少年団で経験しており私とは天と地ほどの実力差がありました。1年時は公式戦には1分も出れませんでした。しかし毎晩毎晩、部活の後、自主練を重ね少しずつ上達していきました。その結果3年時にはレギュラーに定着し試合に出場する機会が増えました。高校の頃は副部長になり、大学、社会人ではエースとして活躍しました。現在は実業団でプレーしています。自分を信じ続けた結果だと思います。

 

高校受験の時でもこの性格は出ました。勉強しても学力が思うように伸びず、志望校の偏差値に足りない時も、「どうしても志望校に行きたい」と、家族の反対を押し切り10以上偏差値の足りない志望校を受験しました。見事合格することが出来ました。合格した時は家族全員がとても驚いていました。

 

就職時には国家資格を取得するために猛勉強をし、大方の予想を覆し見事に国家資格を取得しました。そのおかげで就職も決まり、子どもからの夢であった仕事を楽しく行っていました。5年ほど働いたある日、また一つ夢を見つけました。それは『公務員になること』です。仕事も慣れてきたところなのですごく悩みました。しかしやはり諦められず2〜3年ほど悩んだ末、公務員になるための試験を受けました。

 

筆記試験はボロボロで正直、落ちたと思いました。しかし(午後の面接で取り返そう。自分の志望動機をしっかり話せば大丈夫。絶対受かる。)と気持ちを切り替えていきました。色々とアピールしようと考えましたが、本番では頭が真っ白になり、何の話をしたかも覚えておりません。それでも面接で上記の話を行い、自分を信じ、努力を続け、諦めない男をアピールしました。(きっと試験官もこれから何人もの面接を行うので話した内容なんて覚えていないだろう。顔だけでも覚えてもらおう)と思い、大げさと言っていいほどのボディランゲージと共に面接をしました。

 

何んとか合格し、今では公務員として働きながら、趣味であるスポーツを本気で楽しんでいます。「諦めなければ夢が叶う」とありますが、私はあれは本当だと信じています。皆さんも自分を信じ、諦めずに夢に向かって一歩ずつ進んでみてはどうでしょう。今よりもきっといい未来が待っていると思います。応援しています。