面接時!教科書通りは、誇張して

面接時!教科書通りは、誇張して

面接時!教科書通りは、誇張して

 

就職活動で難しいと感じるのが、やはり面接だと思います。

 

履歴書などは何度書いても提出まで反省する事ができるが、面接はその時の一発勝負。

 

だからこそ、心がける事で面接官の人に「一歩進んだ」アピールを行おう。

 

教科書は見飽きている

 

面接担当として対応して頂く人は言わば「面接のスペシャリスト」

 

この面接のスペシャリストは簡単になれる訳では無く「面接をこなして慣れている」人が、スペシャリストと呼ばれる仕事をしている。

 

つまり、緊張して手元に持っているHowTo本に書いてあるような面接のパターンは見飽きている場合が多い。

 

というより見慣れてしまって「それは出来ていて当たり前である」と認識をされてしまっている可能性すらあり得る。

 

こうなってしまうと教科書通りに面接対応をした所で面接担当の人に強いアピールが出来る訳がなく、「その他大勢」として捉えられてしまう場合すら考えられる。

 

かといって、じゃあどうしたらいいの?となるが良くある説明では「自分の長所を最大にアピール!」や「個性を伝えよう!」なんて書いてあったりするが、それが出来たら恐らく、今この悩みを抱えていない。

 

どうしたらいいのか。が最低限書いてあるマニュアルはどうしても欲しい。と言うのが本音だと思う。

 

だからこそ、これだけ頭に入れて対応をしてもらいたい。それがこちら。

 

教科書を更に大きく!誇張して対応しよう!

 

本に書いてある「元気良く挨拶する」これははっきり言って社会人なら誰でも出来て当たり前だ。ただ、この当たり前もラインを少し越えると、当たり前では無くなってくる。

 

「私の名前は田中太郎です!」大体の面接はこの名乗りだけ元気であとのフリーコメントが出来る場所ではどんどん力が無くなっていく。

 

マニュアル通り「挨拶」だけして後は元気が無い、「マニュアルに無い状態になると何も出来ない人」の印象の出来上がりとなってしまう。

 

そうでは無く、ドアを開けて最初の一言の「失礼します」。椅子に座る前の「本日はよろしくお願いします」。そして面接終わりの「本日はお忙しい中、貴重なお時間を割いていただき、誠にありがとうございました」

 

例えばこのようなスタートとゴールの文言をちゃんと意識して元気良く発言するだけでも「元気な人だな」という印象は大きく異なる。

 

HowTo本に書いてある教科書通りの事をやっているだけかもしれないが、例えば声を出す事に抵抗がなければ最初から最後までを通して、しっかりと元気よく対応をする。

 

これだけでも出来る人は限られて、面接官の印象もきっと異なってくるはずだ。元気に声を出すとだけ言われると、バカっぽく聞こえるかもしれないし、緊張をしているように感じ取られる場合もある。

 

しかし、面接は30秒程で終わる短いイベントでも無い為、しっかり徹頭徹尾まで、そのスタンスを保つ事が出来れば、緊張していたという訳ではない。という所まで相手も必ず辿り付くはず。

 

顔は前を向けるなんて、当たり前の事も少し顎をあげるだけで凜々しく見えるし、色々な出来事において、書いてある方法よりも少し、更に大きく!を心がけるだけで相手に捉えられる印象はきっと変わってくる。

 

当たり前を当たり前としてそれ以上を返せる!というアピールが相手に届けば、一気に同じ面接を受けている人の中から、一歩前にリードした対応が出来るはず。

 

是非とも、手元にある、またはネットで調べた教科書より更に一つ、オーバーに。意識をした対応を取って、面接から採用というゴールを勝ち取ってもらいたい。