自己PRは悩んではいけない

自己PRは悩んではいけない

自己PRは悩んではいけない

 

就職活動、転職活動、人生にとってとても大事な場面です。

 

自身の今後を担うとても貴重な場面で全く面識のない人と話したり、エントリーシートで目に見えない相手に向けて自分自身をアピールすることはとても難しく感じてしまいます。

 

就職活動で言えば、私も学生時代就職活動で遮二無二企業に応募し何とか相手先に振り向いてもらおうと必死になって取り繕っていました。

 

何せ働くといっても学生をしている身分ですから俗に言う社会経験といえばアルバイトくらい。

 

年齢的には成人とはいえ小さなコミュニティの中でなあなあと生きてきた身分ですから、いざこれから社会という大きな世界に飛び込むことに実感がわきませんでした。

 

そんな生き方をしてきた者に面接官はとても残酷な問を投げかけてくるわけです。

 

「私があなたを採用したくなるようなアピールをして下さい。」と。

 

具体的な質問ならいざ知れず、非常にざっくばらんな抽象的な質問というのは言葉につまります。

 

経験したことのある仕事ならまだしも、知識も経験も全くない業界だと何と答えればよいのか分かりません。

 

自分自身を振り返ってあれこれ詮索してみても、特異な経験があるわけでもなく相手にとって魅力的な内容を
ふることもできませんでした。

 

そうして何十社も面接を受け、如何に自分を惹き付ける文言がないかと詮索していました。

 

結局のところ最終的な結論としては「自分の興味があることをとことんまでつきつめる人間です。」と伝えるのが1番だった気がします。

 

このことを信念として持っていることをアピールすることで、その後の面接は言葉に詰まることなくスムーズに受け答えができるようになりました。

 

浅く広い知識で会話に柔軟性を持たせることも大事だと思いますが、結局のところ面接の担当者も、適切ではないかもしれませんが、話し方や態度などを判断しているわけですから、自分が自信をもってハキハキと声を出せる状況を作り出すことが大事です。

 

そのために、今自分が興味のあることをとことんまで追求してみることをお薦めします。

 

前述の通り深い知識を持てば自信がつきますし、自然と毅然とした態度で望むことができるようになるはずです。

 

「私は御社に対し興味をもっています。ですが、私は表面上のことしか分かりません。だからこそ御社のことをとことんまで追求したいのです。その機会を与えて下さい。」

 

私はこの文言と自身のエピソードを交えた会話で採用面接を乗り切りました。