自己PRの書き方とは?自己PRを作る上で重要なことをまとめました

自己PRの書き方とは?自己PRを作る上で重要なことをまとめました

自己PRの書き方とは?自己PRを作る上で重要なことをまとめました

自己PRの書き方とは?自己PRを作る上で重要なことをまとめました

自己PRはとても重要なことです。そのため自己PRの内容がどこまで相手の心に届く内容となっているのか、自分を理解してもらううえでどこまで掘り下げてアピールした内容にすべきなのかとても迷う部分であると思います。

 

まず自己PRを考える上で重要なことは自分の真の姿を自分なりに分析することが重要です。つまり自分自身が自分のことを分からないのに、相手に自分のことをアピールしたとしても伝わるはずがないからです。

 

そのためにはまず自分の中で自分の分析をすることをお勧めします。そして自分なりの長所と短所を見つけ出す作業が先決であると考えます。そして長所と短所が明確になれば次はそのそれぞれの部分について肉付けをしていく必要があります。

 

例えば長所に関していえばその長所を活かした場合どのようなことで貢献できるのか、またはどういった場合に活躍できるのかなど自分を大いにアピールするための理論武装を作り上げるのです。

 

一方短所の場合も決して短所として終わらすのではなく、一見短所のないように見つつもそれをどのように回避しており、その結果、気づけば長所になっているといった感じで逆転の発想を繰り広げるような内容にしておくのです。

 

とにかく自分をアピールする以上、自分の分析した内容に応じて自分をよく見せるための話を作り上げることが重要なのです。

 

次にこれまで経験してきた内容を箇条書きでピックアップする作業も必要となります。

 

自分がどういった経験を持っているのか、それらの経験を元にどういった人物となっているのかなどあらゆる角度から自分を作り上げる必要があります。自己PRとは少ない時間で相手に自分を分かってもらう、相手に自分を選択してもらうための場です。

 

相手は自分のことをまったく知りません。まったく知らないにもかかわらず少ない時間で判断されてしまうのです。そのためその短い時間で如何に自分を作り上げて相手に好感触を持ってもらえるかが勝負となるのです。

 

そのためにも自分に脚色を加えた状態で内容を作り上げることが重要なのです。誰しも自分を分析することは得意ではありません。そして自分と向き合うことが不得意な人が大半です。

 

しかし自分を分析し、如何に自分を作り上げられるかが重要であり、その自分を作るうえでいろいろな視点から自分を見つめすべての部分をアピールポイントとして整理し、その中で使えそうなものを自己PRに使用するのです。

 

使用しない部分においても口頭で話すネタとして持っておくことは重要です。そういった視点から自己PRの内容を考えてみると良いネタができると思います。

 

また、自己PRの書き方について次のサイトが非常に参考になりますのでご紹介しておきます。

 

自己PRの書き方&例文集

 

2017/09/13 14:20:13 |

 

就職活動で難しいと感じるのが、やはり面接だと思います。

 

履歴書などは何度書いても提出まで反省する事ができるが、面接はその時の一発勝負。

 

だからこそ、心がける事で面接官の人に「一歩進んだ」アピールを行おう。

 

教科書は見飽きている

 

面接担当として対応して頂く人は言わば「面接のスペシャリスト」

 

この面接のスペシャリストは簡単になれる訳では無く「面接をこなして慣れている」人が、スペシャリストと呼ばれる仕事をしている。

 

つまり、緊張して手元に持っているHowTo本に書いてあるような面接のパターンは見飽きている場合が多い。

 

というより見慣れてしまって「それは出来ていて当たり前である」と認識をされてしまっている可能性すらあり得る。

 

こうなってしまうと教科書通りに面接対応をした所で面接担当の人に強いアピールが出来る訳がなく、「その他大勢」として捉えられてしまう場合すら考えられる。

 

かといって、じゃあどうしたらいいの?となるが良くある説明では「自分の長所を最大にアピール!」や「個性を伝えよう!」なんて書いてあったりするが、それが出来たら恐らく、今この悩みを抱えていない。

 

どうしたらいいのか。が最低限書いてあるマニュアルはどうしても欲しい。と言うのが本音だと思う。

 

だからこそ、これだけ頭に入れて対応をしてもらいたい。それがこちら。

 

教科書を更に大きく!誇張して対応しよう!

 

本に書いてある「元気良く挨拶する」これははっきり言って社会人なら誰でも出来て当たり前だ。ただ、この当たり前もラインを少し越えると、当たり前では無くなってくる。

 

「私の名前は田中太郎です!」大体の面接はこの名乗りだけ元気であとのフリーコメントが出来る場所ではどんどん力が無くなっていく。

 

マニュアル通り「挨拶」だけして後は元気が無い、「マニュアルに無い状態になると何も出来ない人」の印象の出来上がりとなってしまう。

 

そうでは無く、ドアを開けて最初の一言の「失礼します」。椅子に座る前の「本日はよろしくお願いします」。そして面接終わりの「本日はお忙しい中、貴重なお時間を割いていただき、誠にありがとうございました」

 

例えばこのようなスタートとゴールの文言をちゃんと意識して元気良く発言するだけでも「元気な人だな」という印象は大きく異なる。

 

HowTo本に書いてある教科書通りの事をやっているだけかもしれないが、例えば声を出す事に抵抗がなければ最初から最後までを通して、しっかりと元気よく対応をする。

 

これだけでも出来る人は限られて、面接官の印象もきっと異なってくるはずだ。元気に声を出すとだけ言われると、バカっぽく聞こえるかもしれないし、緊張をしているように感じ取られる場合もある。

 

しかし、面接は30秒程で終わる短いイベントでも無い為、しっかり徹頭徹尾まで、そのスタンスを保つ事が出来れば、緊張していたという訳ではない。という所まで相手も必ず辿り付くはず。

 

顔は前を向けるなんて、当たり前の事も少し顎をあげるだけで凜々しく見えるし、色々な出来事において、書いてある方法よりも少し、更に大きく!を心がけるだけで相手に捉えられる印象はきっと変わってくる。

 

当たり前を当たり前としてそれ以上を返せる!というアピールが相手に届けば、一気に同じ面接を受けている人の中から、一歩前にリードした対応が出来るはず。

 

是非とも、手元にある、またはネットで調べた教科書より更に一つ、オーバーに。意識をした対応を取って、面接から採用というゴールを勝ち取ってもらいたい。

 

2017/08/02 18:11:02 |

 

私個人の考えですが、自己PRで大事なことは自分の長所と短所を明確に面接官に伝えることです。

 

まず、長所は私生活の中から仕事に関係しそうなものを考えます。普段、規則正しい生活をしているならば仕事では時間やルール厳守する。

 

遊びや旅行をするときに誘う側ならば、行動力がある。

 

誘われる側でも、連絡係ならばまとめ役として皆の意見を聞いて希望に添えるように努力した。

 

私生活に沿った内容ならば面接の際、質問されたときに補足説明だけで済むことが多いので、私はこの時、このように頑張って結果を残したので職場ではその経験を活かせると考え、応募しました。

 

今の文章のように伝えると、実際に面接を担当したことがあるのですが、面接官もイメージしやすく、質問もしやすいです。

 

それを逆手にとれば回答方法を2つも用意すれば、質問されたときに慌てずに答えることが出来るようになります。

 

次に短所ですが、私は短所を答えるときは、他の分野で会社の役に立てることを伝えます。

 

例えば、協調性がないならば単純作業が得意である。性格が内気であるならば、積極性を出すためにこのよう努力をした、パソコンの操作が得意などです。

 

自己PRで大事なことは自分が新しい職場で役に立てることを伝えることです。

 

その際に、自分の経験談を質問に対してアドリブで答えられたら、自然と身ぶり手ぶりで表現できるようになれば説得力が増し、面接官との会話も弾みます。

 

私の場合、短所として積極性がないことが挙げられますが、面接のときにその事を伝えたあと、前の職場での出来事を伝えて別の役に立っていたことを話しました。

 

そうすると、話は短所ではなく、経験したことに関する質問に変わり、話しやすくなりました。

 

最も短所についての質問が全くなくなるわけではないので、改善しようとした努力を具体的にひとつだけ答えを用意しておきましょう。

 

そうすれば、面接の数十分は話すことに困ることはありません。

 

質問に対して答えられないことは最もいけないことです。

 

とりあえず、答えることが出来たら、例え、質問の内容と異なっていても、面接官の方で聞き方が違っていたかと考えて補足説明を入れて再度、似たような質問をすることがあるので、その時までに答えを考えておきましょう。

 

世界や全国に展開しているような会社でもない限り、面接官は他の仕事と面接の仕事を兼任していることが多いです。

 

そのため、面接官の方でも質問が明確でない場合があります。

 

面接で大事なのは会話を止めないことです。

 

当たり障りのない質疑応答からちょっとした会話が面接官と出来るようになれば、自分の評価が高く、採用されやすいので自分の経験談を相手に興味を持って貰えるようにあらかじめ話を準備、そして、相手に応じてアドリブが出来るように頑張りましょう。

 

それと、ご存知かもしれませんが、下記の自己PRの例文をまとめたサイトは非常に参考にできますので、一応ご紹介しておきます。

 

自己PRの例文ならこのサイトです

 

2017/07/15 16:22:15 |

 

就職活動、転職活動、人生にとってとても大事な場面です。

 

自身の今後を担うとても貴重な場面で全く面識のない人と話したり、エントリーシートで目に見えない相手に向けて自分自身をアピールすることはとても難しく感じてしまいます。

 

就職活動で言えば、私も学生時代就職活動で遮二無二企業に応募し何とか相手先に振り向いてもらおうと必死になって取り繕っていました。

 

何せ働くといっても学生をしている身分ですから俗に言う社会経験といえばアルバイトくらい。

 

年齢的には成人とはいえ小さなコミュニティの中でなあなあと生きてきた身分ですから、いざこれから社会という大きな世界に飛び込むことに実感がわきませんでした。

 

そんな生き方をしてきた者に面接官はとても残酷な問を投げかけてくるわけです。

 

「私があなたを採用したくなるようなアピールをして下さい。」と。

 

具体的な質問ならいざ知れず、非常にざっくばらんな抽象的な質問というのは言葉につまります。

 

経験したことのある仕事ならまだしも、知識も経験も全くない業界だと何と答えればよいのか分かりません。

 

自分自身を振り返ってあれこれ詮索してみても、特異な経験があるわけでもなく相手にとって魅力的な内容を
ふることもできませんでした。

 

そうして何十社も面接を受け、如何に自分を惹き付ける文言がないかと詮索していました。

 

結局のところ最終的な結論としては「自分の興味があることをとことんまでつきつめる人間です。」と伝えるのが1番だった気がします。

 

このことを信念として持っていることをアピールすることで、その後の面接は言葉に詰まることなくスムーズに受け答えができるようになりました。

 

浅く広い知識で会話に柔軟性を持たせることも大事だと思いますが、結局のところ面接の担当者も、適切ではないかもしれませんが、話し方や態度などを判断しているわけですから、自分が自信をもってハキハキと声を出せる状況を作り出すことが大事です。

 

そのために、今自分が興味のあることをとことんまで追求してみることをお薦めします。

 

前述の通り深い知識を持てば自信がつきますし、自然と毅然とした態度で望むことができるようになるはずです。

 

「私は御社に対し興味をもっています。ですが、私は表面上のことしか分かりません。だからこそ御社のことをとことんまで追求したいのです。その機会を与えて下さい。」

 

私はこの文言と自身のエピソードを交えた会話で採用面接を乗り切りました。

 

2017/05/22 14:20:22 |

 

面接という場所では必ず”自己PR”がありますよね。聞かれる機会は多いのに何を言うのが正解なのか、分からず一番悩むところではないでしょうか。

 

スポーツができたり、勉強ができたりで、輝かしい経歴を持っていればそれだけで自己PRの武器になりますがなくても全く問題ありません!

 

経歴はさほど重要ではなく語るその人の人物像が一番大事なんです!

 

求められていること

 

まず相手は面接で何を見ているのでしょうか。

 

それは、

 

・価値観が自社と合うか(潜在的能力)
・自社(業界)に興味があるか

 

この2点です。

 

自社への興味は志望動機と被る点があるので自己PRでは

 

・会社に自分が適していること
・将来性があること

 

この2点を伝えることを考えてPRを作るといいです。

 

このことから先にも書いてある通り、輝かしい経歴を伝えることよりも人物像が大事だということが分かると思います。

 

そして企業に自分が合っていること、将来性があることが伝われば大それた話題でなくても問題ありません。

 

伝えること

 

ここまでのことを踏まえて、では、一体どんなエピソードを話すべきなのでしょうか。

 

会社に自分が適している

 

企業のHPを見てどんな人材を求めているのか把握し自分が経験した中から一番合ったものを選び伝えましょう。

 

将来性がある

 

どの企業も困難にも粘り強く耐えられる人材を求めています。

 

そのため、今までの経験の中から苦しかった事・辛かった事を思い出しどのように乗り越えたか、もしくは立ち向かったかを伝えましょう。

 

経験自体は大きな事じゃなくても問題ありません。その事に対して”どう思ったのか””どう対処したか”など自分の考えや物事に対しての取り組み方を伝えるのが重要です。

 

その逆で成功した事を伝えるのもいいでしょう。そこから何を学び、会社でどう生かせるのかを伝えましょう。

 

伝え方

 

エピソードや伝えたい事はだいたい決まったかと思います。

 

面接では話し方も大切です。エピソードはよくても構成がグダグダだと聞き手は何を伝えたかったのか結局分からないまま終わってしまいます。

 

結論を先に言う

 

先に結論を言いましょう。先に結論を言う事で後のエピソードがすっと入ってきます。

 

キャッチコピーを作る

 

エピソードは人それぞれ違いますが、結論で言う長所や学んだ事などは他の人たちとよく被る事があります。

 

そうすると結果埋もれてしまう事もあります。

 

なので、「私は〇〇のようだねとよく言われます?【結論】?【エピソード】」のように、何かに例えたキャッチコピー+結論+具体的エピソードのような話の構成にし、相手に自分を印象づけましょう。

 

終わりに

 

自己PRと聞くとなんだか凄いことを言わなきゃ!と思いがちですがエピソードはなんだっていいんです。

 

重要なのは今までの人生で何を学んだか。それをどう会社で生かせるかです。

 

そう考えれば意外と簡単に自己PRは作れます。このコツをマスターしてESや面接頑張ってください!

 

 

 

2017/05/22 14:20:22 |

 

就職・転職を行う人にとっては自己PRは特に重要なことです。

 

しかし、求職者の多くは自分の強みがわからないでいます。逆に自分の強みがわからないのに自分の弱みやできない事を言える人も多いです。

 

これは、とても変な話ではあります。人間の強みと弱みというものは表裏一体なものです。

 

つまり、強みと弱みは繋がっているものであり、場面によって弱みは強みに変わります。しかし、自分の弱みを言えて強みを言えない人は間違った認識を持っています。

 

弱みはいけないものであり、消したり直さないといけないものだという認識です。

 

多くの日本人の悪いところでもありますが、とても良い強みがあるにも関わらず、弱みがあることを気にするあまり、弱みを消すことに固執します。

 

ですが、大抵は上手くいきません。弱みを消すにはどうしても時間がかかります。

 

さらに、弱みを出さないようにすることにエネルギーを使ってしまうため、普段通りの力も使うことができなくもなります。実際に強みと弱みは表裏一体なものであることから弱みを消す必要はありません。

 

むしろ弱みを消すことよりも利用する方向で考えるべきです。利用するというのは具体的には弱みを強みに変えることです。

 

それは、有名な言葉で表すとネガポ変換に当たります。

 

例えば、臨機応変に物事の処理ができないということは状況の変化が激しい実社会においては致命的なものに思えます。

 

しかし、臨機応変にできないということは目の前の事にエネルギーを使っていることがほとんどです。

 

つまり、臨機応変にできない分だけ集中力が高いということです。又、この集中力の高さはシングルタスク、流れ作業、研究職などの一点集中の仕事においては普通の人に無いような力を発揮することができます。

 

他にも動作が遅いということも直さないといけない弱みのように感じます。ですが、動作が遅いということは早い人に比べて周りを見ての状況判断や考える時間に恵まれるということです。

 

動作が早い人は確かに機敏に動け、仕事の完成が早いことも多いです。ところが、周りを見ての状況判断を行う余裕も無く、様々な確認も怠りがちなため、見落としや凡ミスをしやすいです。

 

このように同じ力でも状況によって強みにも弱みにもなります。自己PRの作り方ですが、まずは、自分の弱みを全て書き出します。その弱みを良い方向に考え、どのような場面で弱みが強みに変わるか思い浮かべます。

 

思い浮かべた強みを言い方を考えた上で採用担当者に伝えることで良い自己PRとしてアピールすることができます。